*

二代目つじ田 味噌の章/飯田橋

公開日: : ラーメン/都内 ,

image1_4.JPG image2_3.JPG image3_3.JPG image4.JPG

快進撃を続けるつじ田さんの新店舗が飯田橋に登場。二代目つじ田、奥の院、味噌の章と3店舗が集まりました。

この味噌の章は神田にもあり、ここが2店舗目。

隣のつけ麺屋も行列店ですが、こちらの味噌もなかなかの行列。この日も11:30時点で6〜7人の並び。10分ほどで着席。

座席はカウンターのみ。15席はないかな。一度に4〜5人分までしか作れない様子。

カウンター内を見るに、スープは別のところで作り、店内では鍋でスープの最後の仕上げと、麺茹でしかしてないのかなと思います。

味玉入りバリ味噌ラーメンにチャーシュー1枚増しで1,050円。濃厚というバリ味噌と普通の味噌では、ベースのスープも調合が違う様子。また、バリ味噌には脂がタップリ足されます。

10分ほど待って着丼。

麺は小林製麺の太麺。歯ごたえもよい。
もやしとニラ、ニンニクなどを炒めてスープと合わせ、トッピングにねぎ、メンマ、チャーシュー、味玉。軽く山椒らしきものが振ってあります。

スープをすすると、確かに濃厚。しかし、実によい塩梅で、こってりしているのにグイグイと飲めてしまいます。ちなみに北海道ラーメンにありがちな、スープ激熱ではなく、気持ち温めなところが絶妙。

味噌も刺々しさはなく、程よいまろやかさ。ほのかに魚介出汁も感じたような。

甘みのある旨味が凝縮されていて、思わず飲み進めてしまいます。

驚きはないものの、上品にうまくまとめた味噌ラーメンは、行列をつくるだけの価値はあると思います。

評価:★★★★(5点満点中4.0:うまいねぇ、飽きないねぇ)


スポンサーリンク

関連記事

麺屋一楽/飯田橋駅

最近はやたらと鶏白湯のラーメンが増えて来ましたね。知人も名古屋で開業しました。そんなところで、

記事を読む

菜な笑/志村坂上駅

志村坂上駅からすぐ、板橋中央病院前にあるこちらのお店。 メニューの種類は非常に多く、ど

記事を読む

六厘舎 羽田空港店

つけ麺の人気店、六厘舎が羽田空港国際線ターミナルに誕生しました。 しかも、出国後のエリア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


レビュー/2017年J1リーグ第27節/鳥栖戦。

安っすい失点!( ゚Д゚) とりあえずこの一言に尽きます

2017年ACL準決勝・上海上港アウェイへの道。

レッズな皆さまこん〇〇は。 はちのじさん病欠だった準々決勝川崎戦

プレビュー/2017年ACL準々決勝2ndレグ 川崎戦

はい。もう2-0で勝つしかないっしょ!というACL準々決勝。勝ち上がっ

伊藤涼太郎君、水戸へ修行。

https://twitter.com/REDSOFFICIAL/st

レビュー/2017年J1リーグ第25節/柏戦。

体調不良によりテレ玉で観戦。 啓太の解説がなんとなくサカつくみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑