*

2017年J1リーグ第11節/新潟戦。

浦和6-1新潟【DAZN観戦】

それにしても、点差だけなら(ココ重要!)痛快な6-1。

しかし、なかなかに深い闇を感じてしまうワタクシ。

ここまで公式戦3連敗中でしたが、無かったものは『だいたい』柏木というピース。

もちろん、柏木がいないだけでこうではないと思いたいけど、この新潟戦の後半、柏木が退いてからが顕著にわかる。

中盤がスカスカ。ちがうな。中盤から効果的な捌きができなくなるのだな。ボールが汗をかかなくなる。

結果、追加点どころか相手にチャンスを与えまくるほどに態勢が変わるのだよね(といっても新潟相手だとひっくり返されるほどでもないけど)。元々柏木は身体の剛性が高い選手ではない。全試合出続けることを前提にはできないはずなのよ。だからこそできることなのかもしれないが、柏木がいないと回らないサッカーではあかんのちゃうかと。

早く中盤のコンダクターをもう1人育て使わないとあかんと思います。

個人的には何度もツイートしてますが、矢島くんを使って欲しかったなぁ。このままだと来期はガンバにとられちゃうよ。

ま、それがミシャ、といってしまえばそうなんだけどね。

あと、新潟の戦い方は前半スタートはセオリーで前からプレス、そして速攻ととても効果的でしたが、失点後は守備陣を筆頭に何をしたいのかワケワカメな動きに終始。こりゃ勝てないわな。

しかし、柏木交代後、後ろでリトリートしつつポゼッションあげる本来の浦和のやり方を守備陣がし始めてから、新潟のチャンスが増えたのは頂けないなぁ。

(´・ω・`)

てなわけで、大勝したけどかなりネガティブ思考なはちのじさんでした。

以下は各紙記事より。


スポンサーリンク

関連記事

市立浦和が全国へ。

もうはや既報ですが、市立浦和が全国に5年ぶりに行くとのこと。浦和フットボール通信のこの記事を読んで知

記事を読む

no image

勝ち!

清水戦は中途半端にテレビ観戦でしたが、まぁ絶好調に4得点というわけではなく、なんとか流れの中で得点し

記事を読む

クビの薄皮いちまい。

どう思うかは別として、ほんの薄皮一枚で可能性を残しました。 これをどう捉えるかはそれぞれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年J1リーグ第12節/清水戦。

とりあえず言えるのは、一朝一夕で進化はしない、ということかしらね

阿吽北浦和店/北浦和駅

湯島の担々麺の名店、阿吽ブランドでJR東日本フードサービスが出

安藤復帰!お帰り!。

レディースに安藤梢選手が復帰します。 レイナス時代からの

2017年J1リーグ第11節/新潟戦。

浦和6-1新潟【DAZN観戦】 それにしても、点差だけなら(ココ

2017年ACLグループステージMD6/FCソウル戦

アウェイのFCソウル戦、首位通過を掛けての試合は大幅なターンオー

→もっと見る

PAGE TOP ↑