*

レビュー/2017年J1リーグ第13節/川崎戦『積み木崩し・壊れた浦和』。


はい。雨上がりの等々力。相手は前節5-0で神戸をねじ伏せた川崎。

こちとらそりゃもう調子を落としまくり失点だらけで3連敗のチーム。

いい予感なんかしないってのね。

そして、4-4-2という、これまでのシステムではない急造4バックで挑みまして。

これが見事にはまらない・・・。。。そしてあっさり2失点を喫す。DFは寄せが甘いが、それ以上に4バックでの役割分担に阿吽の呼吸が見られない。これではJ屈指のストライカー、小林を止めるなんてできないのは当然。

2失点目は中村ケンゴが凄すぎるよね。スルーパス。

一方、浦和もチャンスがないわけではなかったが、決められず。興梠も疲労の色が濃いね。

というか、みんな疲労の色が濃すぎるよオイ。

まぁ、後半になって3-4-2-1のいつものスタイルに戻して安定したけど・・・。

槙野がヘッドで決めるも、そこから2失点。航が一発レッドを犯してしまい、PKをとられたというのもあるけれど。。。

なんにしても、見事な壊れっぷりですね、はい。

まーなかなかつらい結果になりましたが、ここ5試合で1勝4敗くらいでガタガタ言うなや。というのも偽らざる本音。なんだよ若造ども。

正直、ミシャの采配には個人的に疑問があるのも事実。なんでそんなに疲労困憊の選手だらけのスタメン&ベンチで挑むのか、とか、ありますよ。でもまぁ、そりゃデモシカタラレバなわけですよ。この試合で長澤・矢島・菊池・オナイウあたりがチャンスもらって出てりゃ、負けてもしゃーないと思えたかもしれんけどね。っても、素人の意見でしかないですよ。

ただね、サポの思う通りにいけばサッカーなんざ面白くないんでないか?どこのチームも常勝優勝チームになるさ。そうじゃないから面白いはずなわけですよ。

ま、最後にこれからのカタチを作るのは監督と選手達なわけで、私たちサポーターはそれを全力で支え応援する以外、道はないのです。だから邪魔すんじゃなくてちゃんと応援するんだよ。わがまま言うのはサポの権利でもなんでもないんだよ。そもそもカネ払って無償の愛を貫くのがサポーターってもんでないかい。

本当にクラブがおかしな方向に行っているならそれは愛のムチもいるけど、いろいろうまくいかなくて敗戦先行ってので癇癪起こすってのはサポートでもなんでもない。3歳児のダダコネレベルと思いますよ。

もうちょっと、サポーター側もチームってもの・意味合いを考える時ではないかな。

今は壊れてるところを修復し・新しい細胞を得て更に強くなるための時期だと思うよ。その答えをもがいて出して体現するのは監督と選手達がまず第一だと思う。そのプロセスをきっちり応援しないとね。

はちのじの主張でした。

んじゃツイッターから。

ということで、ツイッターからのコーナーは、限定的に。


スポンサーリンク

関連記事

鳥栖戦展望。

鳥栖は昨年の勢いとは異なり、今年はやや苦しい展開のようで。 やっとJ1で芽が出た豊田の破壊力は

記事を読む

マリノスに勝ち切る

遅くなりましたが、マリノス戦は忠成のヘディングゴールで1-0で勝利。とはいえ、諸般の事情でまだ試合を

記事を読む

人事往来その4。

ほとんど草刈り場というよりは、花持たせ屋になっている感がありますもったいないわー、と思っていた小島が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


レビュー/2017年J1リーグ第17節/新潟戦『みんなレッズ好きね』。

相手は最下位新潟。普通に考えれば勝って当たり前。 とはい

レビュー/2017年J1リーグ第13節/川崎戦『積み木崩し・壊れた浦和』。

はい。雨上がりの等々力。相手は前節5-0で神戸をねじ伏せた川崎。

レビュー/2017年J1リーグ第16節/鳥栖戦『あぁ哀愁の鳥栖』。

なぜか鳥栖スタ(ベストアメニティスタジアム)での試合にはどうもいい思い

プレビュー/2017年J1リーグ第16節/鳥栖戦。

天皇杯は仕事でお休みだったはちのじです。どうも。 さて、明日はア

レビュー/2017年J1リーグ第15節/磐田戦。

俊輔のいない磐田なんて、、、 何なんだろう?。とか思いなが

→もっと見る

PAGE TOP ↑