*

堀さんを漢にしたい、2017シーズン2。

公開日: : レッズ, 徒然 , ,

本日発表されたミシャ解任と堀さんの監督就任。

ついにこの日が来てしまったか、という嘆息とともに、私が思うのは、

一度ならず二度も窮地でこのチームを任せられるという難しい役割を担うこととなった堀さん。

堀さんを漢にしなきゃ!

というキモチです。

事は前回の緊急登板時よりも深刻です。

2011年当時は、ゼリコが監督に就任、補強はマルシオを獲得したが、ポンテ、エジミウソン退団、細貝移籍などもあり、また前年までのフィンケの育成路線からの転換という状況。緊急登板まではユース監督だった堀さんは、選手にいわば堀チルドレンである元気、直輝などもトップにいることもあり、軌道修正してなんとか残留させるには適任だったのではないかと思います。

つまり、この時のミッションは残留であり、5試合を2勝1分2敗で終えて残留を果たしました。

この勝率は今年のチームの9勝1分9敗と変わりません。

しかし、今回はACL、ルヴァンカップ、天皇杯を残し、かつリーグ戦は優勝は厳しい位置だが残り試合15試合もある。

そして主力選手の多くはミシャチルドレンとでも言うべきメンバーが揃う。広島からの移籍組も、ミシャのサッカーに魅せられて来たと言う選手もいるわけです。

つまり、堀さんへのリスペクトはあるかもしれないけども、ミシャへのそれとは大違いなわけで、このチームを組織立てて勝つチームに作り直す作業は困難を極める、ということなのです。

浦和のためにやれない選手は去れとかいうのは簡単ですが、人間の心情ってものは複雑なんですよ。ミシャのために集まった選手達がプロだって言ってもそこまで簡単に切り替えられる訳ではありません。そして、ピッチで試合をするのは、そんな選手達なのです。

もちろん、監督交代はチャンスももたらします。ついさっきまでミシャは起用が固定されてるもんなーと諦めたりあるいは慢心していた選手は一気に競争を意識するでしょう。堀さんはこの競争を利用して底上げを図るでしょう。監督交代のカンフル剤、きっちり使って欲しいところ。とはいえ。

今回の堀さんのミッションは、ここから短期間でチームを立て直し、できる限り多くのタイトルを獲得し、リーグ戦もACL出場権を得られる3位以上を死守、ということになるでしょう。なかなかにこれは酷なノルマと思います。普通なら超一流の監督が負うべきノルマだと思います。いや、堀さんがそうではないと言ってるのではないのです。まだ未知数だってことね。

一方、ミシャのスタイルは独特です。当たり前ですが日本人監督でこのスタイルを生かせ、なおかつ今フリーな人材は、、、いるかもしれませんが、その人は就任しないでしょうしクラブもオファーしないでしょう。

外国人監督となると、欧米はオフの現在、フリーの監督に声をかけられるかもしれませんが、ミシャスタイルを継承して上を目指せる人材となると、オシムの薫陶を受けたような人材が必要でしょう。果たして、誰がいるのでしょうか。いやいるのかも知らんけど。

そうなると、積極的にも消極的にも堀さんという選択肢しかなかったという気がします。

繰り返しになりますが、こんな難しい仕事を引き受けてくれるのは、どう考えても堀さんしかいないんです。

こうなったら堀さんを漢にしないといけないんです。

それはきっと、5年半、一緒に戦ってきたミシャと杉浦さんへの恩返しにもなるはずです。

まず一歩、皆んなで踏み出そう。つまり、そういうこと。

ダービーでしっかり後押ししてやろうな。


スポンサーリンク

関連記事

今更ながらですが。

優勝しましたねぇ。 正直、嬉しいと思うのだけれども、やっぱり年間王者になりたいのだよ。

記事を読む

ムアントン戦展望。

ムアントンは私が先週行っていたミャンマー同様に40度を超す暑さだそうで。 シンガポールからミャ

記事を読む

だから、勝ち点1ってね。

鹿島スタジアムまで行かれた皆様、お疲れ様でした。ありがとうございます。 TVで観戦しつつ、ネッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年ACL準決勝・上海上港アウェイへの道。

レッズな皆さまこん〇〇は。 はちのじさん病欠だった準々決勝川崎戦

プレビュー/2017年ACL準々決勝2ndレグ 川崎戦

はい。もう2-0で勝つしかないっしょ!というACL準々決勝。勝ち上がっ

伊藤涼太郎君、水戸へ修行。

https://twitter.com/REDSOFFICIAL/st

レビュー/2017年J1リーグ第25節/柏戦。

体調不良によりテレ玉で観戦。 啓太の解説がなんとなくサカつくみた

レビュー/2017年ルヴァンカップ準々決勝第2戦/C大阪戦。

要するに、レギュレーションに負けたってことですよね(去年もありま

→もっと見る

PAGE TOP ↑