*

新潟戦雑感。

こういう試合もあるよねと。こんな時代もあったねと。

新潟戦は達也との対戦が何より意識されちゃうわけですが、これまた達也のいいとこが見えて怖いのなんの。

正しくは、ブルーノロペスをはじめとするブラジル選手達との連係はなかなかに良く、決定的なスルーパスを決められる場面も。ミドルも見せましたが、ほぼ2列目の動きがこれまたよい。よく無失点で終えたものです。

うちはと言えば、コーナーからの槙野の早々のゴールは見事だったものの、およそ新潟に球際で負け(というよりゃ新潟の選手が上手い?)、最後までなかなか行けない状況が続きました。

こちらがボールを持っても、守備態勢を整えるのが案外早いために、攻めあぐねてボール取られる……の繰り返し。

それでもなんとかかんとか耐え忍び、交代出場の関口からのセンタリング?パス?からマルシオが飛び出て巧みなゴールで試合を終えるという結果に。チーム通算1,000得点というメモリアルはアウェイでしっかりと。

ACLを制覇した時は、圧倒的に強い試合が多かったわけではなく、耐え忍んで勝つ、あるいはなんとか追いついて勝ち点を重ねていく試合をしていたと記憶しています。つまり、負けないのが大切なわけです。

そういうことを考えると、永田の負傷でも那須が、そして関口とマルシオがダメ押しを決められるという今の陣容はなかなかによいと思います。

しぶとさが大切。浦和伝統芸能ではなく、ACL制覇の時のような。ね。


スポンサーリンク

関連記事

no image

名古屋戦展望。

中にはブックメーカーの倍率を元に浦和有利なんていう、信ぴょう性はどうよ、という記事もありますが。。。

記事を読む

大宮戦。

NACK5が浦和から大宮に移転してもうはやン年。大宮サッカー場はNACK5スタジアムとなりました。し

記事を読む

アウェイ新潟戦。

あと3時間ほどでリーグ戦、アウェイで新潟との試合がはじまりますね。 私は残念ながら留守番しかも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


レビュー/2017年J1リーグ第27節/鳥栖戦。

安っすい失点!( ゚Д゚) とりあえずこの一言に尽きます

2017年ACL準決勝・上海上港アウェイへの道。

レッズな皆さまこん〇〇は。 はちのじさん病欠だった準々決勝川崎戦

プレビュー/2017年ACL準々決勝2ndレグ 川崎戦

はい。もう2-0で勝つしかないっしょ!というACL準々決勝。勝ち上がっ

伊藤涼太郎君、水戸へ修行。

https://twitter.com/REDSOFFICIAL/st

レビュー/2017年J1リーグ第25節/柏戦。

体調不良によりテレ玉で観戦。 啓太の解説がなんとなくサカつくみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑