*

鳥栖戦雑感。

公開日: : サッカー, レッズ , , ,

20130520_135837.jpeg

なんやねん、6点って(ニヤニヤニヤ)。序盤は昨年のホーム鳥栖戦をほうふつとさせる、取れば取ったで取り返されるという流れで進んでました。フィジカルとカウンターで戦ってくる相手には相性はそんなよくない感じですね。順大からDFへのボールの受け渡しを狙ってくると、なかなか繋ぐにしても警戒してスムーズになりませんし。

とはいえ、冷静さを欠くことは(たぶん)なく、終盤には鳥栖のほうが息切れしたのか、一気呵成にウチが得点を重ねていったという結果になりました。とはいっても6点取るのはさすがに予測してないですけど。

このままではチーム得点王はまさかのナスダイスケになりそうな勢いですが、矢島くんの初ゴールに元気に興梠に槙野に阿部ちゃんPKにと、ゴールを決めた面子もばらばらという、いかにもミシャらしい結果に満足。

クローザーとして?暢久というチョイスはどこまで本気かわかりませんが、鳥栖のようなフィジカルでがつがつくるサッカー相手には、暢久は無類の強さを発揮しますので、ここらへんは選手のことをよく見ているのでしょうね。たぶん。

鳥栖は韓国のサッカーさながらにフィジカルでがつがつ来ていましたが、最後のほうの守備決壊を考えれば、今期の苦しんでいる状況はわかる気がします。

でも、2失点目は肝が冷えましたよ。正直。ガツガツくるだけあって、DFラインでのミスは本当に命取りでした。今後もこういう戦い方をしてくるチームは増えるでしょうから、集中力だけは切らさないようにしたいものです。

次はアウェーのようなホームのような国立での柏戦。勢いこのまま行ってほしいですね。

浦和6-2鳥栖

浦)阿部(PK)、槙野、興梠、元気、那須、矢島


スポンサーリンク

関連記事

新戦力中間評価と諸々、前編。

W杯中断を迎えました。ここまで14試合を経て、9勝2分3敗の勝ち点29、暫定で首位に立っています。

記事を読む

no image

名古屋戦展望。

中にはブックメーカーの倍率を元に浦和有利なんていう、信ぴょう性はどうよ、という記事もありますが。。。

記事を読む

湘南戦雑感。

展望を書く間もなく、気が付けば試合が始まっていたわけですが。 強い風は戦況に大きな影響を与

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


レビュー/2017年J1リーグ第27節/鳥栖戦。

安っすい失点!( ゚Д゚) とりあえずこの一言に尽きます

2017年ACL準決勝・上海上港アウェイへの道。

レッズな皆さまこん〇〇は。 はちのじさん病欠だった準々決勝川崎戦

プレビュー/2017年ACL準々決勝2ndレグ 川崎戦

はい。もう2-0で勝つしかないっしょ!というACL準々決勝。勝ち上がっ

伊藤涼太郎君、水戸へ修行。

https://twitter.com/REDSOFFICIAL/st

レビュー/2017年J1リーグ第25節/柏戦。

体調不良によりテレ玉で観戦。 啓太の解説がなんとなくサカつくみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑