Only Reds!! since 2001

鹿島戦雑感。

Jリーグ20周年の記念試合は、はからずもフットボールの神様が仕込んでくれたようで。

もうさんざ、いろいろ書かれていますので今更ですが、興梠のゴールは誰がどう言ってもゴールですから!(^。^)

まぁ、北ゴール裏に陣取っていた私も、線審を確認するくらいアレでしたけど、認められたらゴールです。

とはいえ、審判で泣かされるのでは、こういったアグレッシブで面白い試合も楽しさが削がれますから、まだまだJも成長途上ってなもので。

ACLのあとだと、審判なんて酷いものだと思ってる部分も少なからずあるのと、審判あって、ヒューマンエラーあってのフットボールですから、ね。

もちろん、逆の立場だったら、そりゃもうやってらんねーとやさぐれますが、今回は勝ったし、更に梅崎が駄目押し弾を入れてますから。

鹿島だって主審の安定しないファウルジャッジ逆手にとり、さんざチャンスを貰ったのですから、お互い様でしょう。

柏木のCKからニアをぶち抜いた那須のヘッドも、ことごとくオフサイドポジションに居るような気がする興梠も、もちろんこぼれ球を予測して走るウメも、プレーについてはやはり天晴ですよ。

鹿島はかなりウチを抑えていて、なかなかのプレー巧者ぶりを発揮していました。前半はウチも攻めあぐねてたし、雨の事もあって、DFラインからのビルドアップも少なめでしたしね。

後半の野沢の先制弾を喰らうも、すぐに那須が取り返したのが大きかったと思います。

この流れを活かして、鳥栖戦に臨みたいですね。

PS:ロビー、ありがとう。

関連記事

最新の記事

アーカイブ

カテゴリー