Only Reds!! since 2001

新潟戦雑感。

こういう試合もあるよねと。こんな時代もあったねと。

新潟戦は達也との対戦が何より意識されちゃうわけですが、これまた達也のいいとこが見えて怖いのなんの。

正しくは、ブルーノロペスをはじめとするブラジル選手達との連係はなかなかに良く、決定的なスルーパスを決められる場面も。ミドルも見せましたが、ほぼ2列目の動きがこれまたよい。よく無失点で終えたものです。

うちはと言えば、コーナーからの槙野の早々のゴールは見事だったものの、およそ新潟に球際で負け(というよりゃ新潟の選手が上手い?)、最後までなかなか行けない状況が続きました。

こちらがボールを持っても、守備態勢を整えるのが案外早いために、攻めあぐねてボール取られる……の繰り返し。

それでもなんとかかんとか耐え忍び、交代出場の関口からのセンタリング?パス?からマルシオが飛び出て巧みなゴールで試合を終えるという結果に。チーム通算1,000得点というメモリアルはアウェイでしっかりと。

ACLを制覇した時は、圧倒的に強い試合が多かったわけではなく、耐え忍んで勝つ、あるいはなんとか追いついて勝ち点を重ねていく試合をしていたと記憶しています。つまり、負けないのが大切なわけです。

そういうことを考えると、永田の負傷でも那須が、そして関口とマルシオがダメ押しを決められるという今の陣容はなかなかによいと思います。

しぶとさが大切。浦和伝統芸能ではなく、ACL制覇の時のような。ね。

関連記事

最新の記事

アーカイブ

カテゴリー