Only Reds!! since 2001

はばたくための武器。

2002年の初めてのナビスコ杯決勝。

鹿島を相手に、ここまで下から上がってなんとかかんとかやってるチームは、やっぱり王者に相応しくなかったのかなぁと思い、

翌年、これでもかという雨の国立で初めての栄冠を頂き。

ACLも取ったけど、なんだかんだとナビスコ杯は思い入れがあるのです。

決勝でマッチデープログラムが発行されるのが当たり前になりつつありますが、それはJの常識ではない話なのです。

2002年は、会場で売られず、サポーター有志がレッドボルテージなりでまとめて購入して、国立あたりで販売したのですよ。

ましてや、会場で販売されるなんて、浦和じゃなければあり得なかったのです。

戦いの側には、いつもマッチデープログラムがある。

その幸せと武器を噛み締めて、決勝に挑みたいと思います。

関係各位の皆様、ありがとうございます。

Jで最高の飛び道具を持つ浦和は、そう簡単に負けやしないのだよ。

待ってろ、柏。

関連記事

最新の記事

アーカイブ

カテゴリー