Only Reds!! since 2001

2017年J1リーグ第11節/新潟戦。

浦和6-1新潟【DAZN観戦】

それにしても、点差だけなら(ココ重要!)痛快な6-1。

しかし、なかなかに深い闇を感じてしまうワタクシ。

ここまで公式戦3連敗中でしたが、無かったものは『だいたい』柏木というピース。

もちろん、柏木がいないだけでこうではないと思いたいけど、この新潟戦の後半、柏木が退いてからが顕著にわかる。

中盤がスカスカ。ちがうな。中盤から効果的な捌きができなくなるのだな。ボールが汗をかかなくなる。

結果、追加点どころか相手にチャンスを与えまくるほどに態勢が変わるのだよね(といっても新潟相手だとひっくり返されるほどでもないけど)。元々柏木は身体の剛性が高い選手ではない。全試合出続けることを前提にはできないはずなのよ。だからこそできることなのかもしれないが、柏木がいないと回らないサッカーではあかんのちゃうかと。

早く中盤のコンダクターをもう1人育て使わないとあかんと思います。

個人的には何度もツイートしてますが、矢島くんを使って欲しかったなぁ。このままだと来期はガンバにとられちゃうよ。

ま、それがミシャ、といってしまえばそうなんだけどね。

あと、新潟の戦い方は前半スタートはセオリーで前からプレス、そして速攻ととても効果的でしたが、失点後は守備陣を筆頭に何をしたいのかワケワカメな動きに終始。こりゃ勝てないわな。

しかし、柏木交代後、後ろでリトリートしつつポゼッションあげる本来の浦和のやり方を守備陣がし始めてから、新潟のチャンスが増えたのは頂けないなぁ。

(´・ω・`)

てなわけで、大勝したけどかなりネガティブ思考なはちのじさんでした。

以下は各紙記事より。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー