Only Reds!! since 2001

レビュー/2019年ACL MD3 全北現代戦

2019.4.9
浦和0-1全北

あー、重い。重いよ。

ここ数試合の重たい感じ。この試合は4バックから3バックに戻し、森脇が中盤の左、宇賀神と岩波が復帰した。

しかし、試合序盤は見事に相手ペース。全北は調子がよくないのか、ゴールは割られなかったものの・・・いつ点が入ってもおかしくない感じ。守備ではとにかく嵌らない。きっちり奪えないのよね。プレス一辺倒ではなく、しっかり局面で数的有利をつくって奪う意識はありそうなんだけど。

ウチのチャンスはほんのわずか。うーむ・・・

後半、やや盛り返していくつかのチャンスを生むもノーゴール。

中盤の疲れが見えてきたところで相手にゴールを割られ、そっからはいくら攻めても相手を崩すことはできずに終了・・・。。。

とにかく思ったのは、選手交代が遅い!柴戸を投入したのはエヴェルトンがイエローを貰ってから。いやいや、サイドがうまく使えていないので仕掛けられる人材の投入と、時間的にも疲れの出てくる後半途中、遅くとも70分前後には中盤の交代、そして攻めあぐねているのは2トップ頼みで打開できなかったから、いっそ2トップに途中から替えれば、と思ってるところで失点シーンへ。あーもうっ。

交代で出た杉本、汰木、柴戸のチョイス自体は悪くないけど、最後は4トップ2バック状態になってもなぁ・・・。ま、おいらは監督ではないから好き勝手に批評するだけですけど。

そんなこんなで首位陥落。ま、3ゲームやっての4ポイントでの2位なので、アウェイで頑張りましょうという感じですかね。でも、アウェイゴールを献上したのは痛いなぁ。

少しの希望の光は、興梠が調子のよいことかな。

では以下ツイッターから。

 

関連記事

アーカイブ

カテゴリー