Only Reds!! since 2001

レビュー/2019年J1リーグ第6節/横浜FM戦

2019.4.5
浦和0-3横浜FM

前節、FC東京相手に劇的なロスタイム同点弾を森脇が決める・・・以外は、3バック時よりはマシなのかどうなのかな試合でしたが、この横浜FM戦ではどうにもこうにもなぼろ負け。

浦和は前から激しくプレスを仕掛ける。相手GKの足許があまり上手くなく、ボールを分捕れそうな感じがありあり。そこで興梠、武藤とも前から行く・・・のだけど、それで中盤も前ががりになり、スペースができるように。

更に相手のほうが4バックに慣れていることもあり、サイドでは場面場面で数的不利になることしばしば。ま、俊足アタッカーを警戒するあまり、片方のサイドに多く選手が張り付き、結果として逆サイドがスカスカになるといった具合。

正直、一本矢を除けばそんなに怖くない・・・はずの横浜相手に、1失点目のついうっかり感ありありの失点(風の影響も否めないけど)で前がかるのはある程度仕方ないにしても、局面での嵌め方に慣れてない感じがどうにもね。

3失点目は浦和のアカデミー育ちの広瀬陸斗にお礼弾を受けるという始末で、これも素晴らしい逆サイドでのツッコミでした。誰だトップに上げなかったの。・・・とはいえ、外に出たから育ったのかもしれないしなぁ(アカデミーではFWだったようだし)。陸斗オメ。

次戦はACL全北戦。ホームなので確実な勝利が望まれますが・・・修正すべき点は多い気がするよ。頼んますぜ。とりあえず、嵌めるポイントをちゃんとしないとね。

個人的には後ろのおっさんがチャントと関係なく、「仕掛けろよ浦和ぁー」「行けよ浦和ぁー」としか怒鳴らない(ずーっとね)で非常にやりづらかったです。耳の奥が痛かった。

以下、ツイッターより。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー