Only Reds!! since 2001

レビュー/2019年J1リーグ第7節/G大阪戦(DAZN観戦)

2019.4.14
浦和1-0G大阪
(パナソニックスタジアム吹田)

興梠ナイス!!

というわけでガンバ戦。現地参戦は叶わず、DAZNで観戦したわけですが、まーなんていうのかしら、橋岡と山中が先発、橋岡にボールが収まるようになって展開もよい感じ・・・かと思いきや、またジリジリする展開。

守備から入る感じで、そこは前節までよりはずっと改善されたものの、攻撃についてはまだまだ。中盤まではどうにかなっても、トップにボールがうまく入らないのよね。

3バックにして、3-3-2-2のフォーメーションは守備では安定してきている感じ。あとは中盤からフィニッシャーの位置にどうつなげるか。

で、この試合でもっとも見どころだったのはエヴェルトンのゴール。

CKのこぼれ球をエヴェルトンは一刺しでゴール。VTRを確認すると、興梠がオフサイドポジションでぼーーーっとしている(別にぼーーーっとしていたわけじゃないけど)。これに東口等ガンバの選手はオフサイドではないかと主審にアピール。線審はオフサイドポジションにいたことを認めたようだが、主審はゴールを認めた。つまり、オフサイドは取らなかったってこと。

これはJリーグジャッジリプレイでも言われていた通り、興梠はプレーに関与していないという判断でオフサイドではなかったということ。あえてぼんやりしてるように見えるくらいに挙動がないことが幸いしたのですね。

ま、結局はこのセットプレイからの得点で買ったものの、ちょっと物足りないってのは変わらずでした。

ではTwitterから。

 

 

関連記事

アーカイブ

カテゴリー