Only Reds!! since 2001

レビュー/2019年J1リーグ第10節/磐田戦

2019.5.3
浦和0-1磐田
(埼玉スタジアム2002)

入れるべき時にゴールが入らないとこうなるっていう典型でしたねぇ。

前半のウチはそれなりにチャンスを作り、興梠がゴールゲットしたい気持ちがそこかしこに出ていていい感じ。
しかし、残念ながらゴールならず。

相手も実に下位に沈むに相応しく、それほど怖さを感じない。いや西川がすごかったってのもあるけどさ。

スタメンも前節と全く一緒という状況、思いのほか暑くなった気温からしても、入れ替えなしでは苦しくなるのも道理。初っ端の交代は武藤→汰木、しかし汰木のよさを出す場面がまぁない。

一方、山中からの切込みを中心とする左サイドはそれなりに機能してはいたものの、ここからの交代は長澤→マルティノス、そして最後は森脇からナバウト・・・そんなに前がかりにしてどうするのだろうか、と思っていたところ、確かに青木の緩いバックパスというミスではあったが、相手のロドリゲスにボールをかっさらわれて失点。ここまでの青木の獅子奮迅は、序盤の最終ラインの保持や前がかりになりがちな後半のスペースを埋める作業といい、素晴らしかっただけにもったいない。柴戸が入っていればなぁと思うけど所詮タラレバ。

とはいえ、ここまで鹿島時代にオズの魔法使いと言われていたオリベイラの采配は実に打率が低めな気がしなくもないのですが(ちゃんと数えていないけど)、これってファブリシオ復帰くらいじゃどうにもならないんじゃないかと思いつつ。。。

一方で、特に前半に多かったチャンスでしっかりゴールを仕留めていれば、結果は明らかに変わっただろうにとは思います。

ま、心配してても仕方ないのでアウェイのブリーラムではさんざ暴れてきてください。マジ。ホント。

以下、ツイッターから。

 

関連記事

最新の記事

アーカイブ

カテゴリー