Only Reds!! since 2001

今更ながら最終戦のこと。

20131213_092940.jpeg

今更ながらですが、軽く最終戦のことを。

記憶も薄れつつある試合内容ですが、ミシャはじめ選手達もインタビューなどで話している通り、元気の先制あたりまではよい内容であったと思います。

しかしながら、相手が修正してきてからの中身のひどさは何をか言わんや。5失点を喫してACL出場権が腕の中から擦り落ちたばかりか、最終順位6位と、終盤まで優勝争いをしたチームとは思えない結果となりました。セレッソの柿谷・南野などの若手の技量が素晴らしいことを差し引いても、守備がザルなことには間違いなし。

これは広島時代のミシャがそのまんま浦和でも同じ采配をしている証拠でもあるかと思います。つまり、徹頭徹尾ブレてない、悪く言えば硬直的な采配。

終盤の試合で、森脇・那須の代わりに坪井・暢久を起用していれば、まだかなり失点は防げたのではないかと思うのですが。

ここは選手の問題だけではないと思うのですけどね。。。

たぶんそうそうには来期の改善は望めないでしょうが、再び書きますがフロントの対話能力にうすーく期待しておきます。

そして暢久の退団。これはまた。

それにしても、なんとなくサイドの人材だけ3人退団で、駒は足りるのかねぇ。暢久はサイドというより、最後はリベロ・ボランチ・サイド兼任だったけど。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー