Only Reds!! since 2001

人事往来 14-15 その4 石原、高木、ズラタン獲得。

亀エントリーで高木俊幸ズラタン獲得と書こうとしたら、石原も獲得ということでオフィシャルから発表がありました。せっかくなので全部まとめて書くことにしましょう。

高木俊幸といえば東京V出身、古い方には大洋の高木さんの三人息子の長男というとわかりやすいでしょうか(そんなことはない)。

清水にはなんだかんだと4年間在籍し、ほぼレギュラーで120試合に出場、20ゴールをあげています。ストライカーというよりはアタッカー、レッズでは二列目という感じでしょうかね。梅崎や宇賀神、平川らと競る感じでしょうか。武藤とも競る感じですね。激戦区です。

ズラタンはどうなんでしょうね。大宮でノヴァコビッチと一緒に暴れていた時は脅威に感じましたが、今期は存在感が(といってもチーム自体が降格するくらいですから)。現役スロベニア代表、大宮では71試合で17得点と、これまたストライカーというよりポスト役なんでしょうか

186cmと身長が高いので、ワントップを期待していると思うのですが、果たして適性はどうなんでしょう。スロベニアの選手なので、メンタル面等は文句なしだと想像していますが。いぶし銀の仕事人のような活躍を期待。

石原に至っては、今期実はこそっと迷走していた広島において、2年連続で二けた得点を叩き出し、佐藤寿人が干されていた時にもエースとして働いていました。

石原というと大宮時代のイメージが強いので、世間のマスコミさんに言わせたら実は禁断のナントカじゃないかとか思いますし、そもそもミシャが最終戦に話した広島の子供たちにも入らない(ミシャの元でサッカーをしていない)選手だったりしますけども、タイプとしてはこれまたアタッカータイプでワントップに入る感じではないと思うのですが。ただ、コンスタントに結果を出していることは期待できますよね。

ここまでの補強を見る限り、橋本を除いてアタッカーばかり。バランスが悪い気がしますが、今後も補強の発表はあるんでしょうか。

個人的には、ボランチとゲームメーカーが足りないと思うのですけども。と言っても、今のトップ下にボールを集めるスタイルだと、柏木以外の成り手がなかなかいないのも事実。ハセあたりが復帰するなら話は別ですけども。あ、ハジの復帰でもかなりよい補強ですが、どっちも実現性は乏しいですね。

何はともあれ、レッズの仲間として来てくれる選手たち、来期は一所懸命に応援しますので宜しくお願いいたします。

関連記事

アーカイブ

カテゴリー