Only Reds!! since 2001

レビュー/2019年J1リーグ第11節/名古屋戦(DAZN観戦)

2019.5.12
浦和0-2名古屋
(豊田スタジアム)

まー見事。見事としか言いようがない。何がって名古屋、というか風間監督。

川崎が強豪入りする素地を作ったのも風間監督、降格してポロンチョ状態だった名古屋を、大粛清の上ここまで引き上げるとはねぇ。感嘆しか出ませんわ。

さて、この試合。浦和はわずかシュート4に止まったことからもわかる通り、堅守とは名古屋のことを言うってなもんで、中盤まではボールを回せても、名古屋の守備ラインを破ることはほぼできず。

むしろマテウスにスーパーなキャノン砲ミドルを喰らい、西川が反応するも勢い強すぎてゴール。

2失点目もゴール前でジョーと槙野が競り合うも槙野が負けてコケているところ、ジョーにクロスが入ってズドン。

1失点目はスーパーすぎて仕方ないところもあるものの、結局ろくな反撃もできずに負けるべくして負けた感じ。だれだ浦和は堅守が特徴とか言ってるのは(´・ω・`)

もちろん、スタメンは長澤から怪我から復帰の柏木にする程度、しかし選手が汗でビッチョビチョになるほどの暑さだったこと、やっぱり柏木とエヴェルトンの相性は微妙など、要因になりそうなことは山ほどあるけど、とにかく完敗。

交代で入った選手の中では萩原がちょいと熱くなってファウルが多かったものの、山中と効果的な突破を仕掛けるなど多少面白かったくらい。

ここ数試合で改善されてきたこともとりあえず水に流してみたくらいに手足でない負けでした。

金曜日の湘南戦まではいつもより時間がちょっとだけあるので、対応策宜しくお願い致しますよオリベイラ!

・・・走って仕掛ける湘南には分が悪そうで仕方ないのよね。

さて、いつも通りツイッターから。

 

関連記事

最新の記事

アーカイブ

カテゴリー