Only Reds!! since 2001

つけ麺工房 真面目/北浦和

20140124_152232.jpeg

東京チカラめしのあった角のお店がつけ麺屋さんに改装。チカラめしの前は花月だったところですね。

こちら、会社名は創業新幹線というらしいです。。。なにかのネタのようですね。。。

それはともかく。

店内はチカラめし時代とはかなり違い、改装されてます。カウンターが20席弱とテーブル1台。ちょっと狭いものの、昼時なので満卓。

つけ麺はもちもち麺と胚芽麺から選べます。スープも豚骨魚介・ベジポタ・シビカラ・味噌から選べるので、都合8通りの組み合わせ。ラーメンもスープ4種、麺2種とのこと。

チャーシューつけ麺980円を選択。大盛無料なので大盛で。通常のノーマルなつけ麺は780円とのこと。

具材は別皿できます。もやし、ネギ、メンマ、キャベツ、分厚いチャーシュー2枚と半熟煮玉子はんぶん。トッピングのチャーシューは麺の上に。薄めのが3〜4枚というところ。

スープの中には三つ葉?か何かが浮いてます。そして、麺をつけると、どえらい粘度。ポタージュというよりはヤマト糊。。。

味はもはや何かよくわかりませんでした。ほんのり酢を感じます。

素材の味がなにかわかりませんが、豚骨魚介の風味はわかるものの、野菜の味や風味、食感が多少残っているほうが美味いと思うのですが。

麺はごわごわでもわしゃわしゃでもなく。

ちなみに、スープはおかわりOKという珍しいシステム。スープ割りはポットがおいてあります。

不味くはないのですが、取り立ててうまくもない。正直、糊を食べてるような感じで、味も平板。途中、豆板醤を入れたらマシになりましたが。。。

正直、値段は高いと思いますし、業務用スープメーカーが提供しているような味なので、再訪はないかなぁ。

激戦区の北浦和でとこまで持つかな。

評価:★★(5点満点中2.0/不味くはないけど、糊なのだなぁ)

関連記事

アーカイブ

カテゴリー